コミュニティサロン

夫を支える妻

介護予防日常生活支援総合事業では、色々な介護事業を合わせたシステムを構築していて、民間企業やNPOなどと協力して介護事業を推し進めています。また、ボランティアの方も参加しているので、お金が無くて介護を受けられない方のためのサービスも推奨しています。このようなシステムが誕生したことで、本来なら介護を受けないと生活することが難しい高齢者の方にも手が行き届くようになります。さらに、自分で生活をすることが出来る高齢者には自立を促すことで、介護が本当に必要な方にサービスを提供することが可能となるのです。そのため、介護予防日常生活支援総合事業はとても大切な事業だといえるでしょう。

介護予防日常生活支援総合事業は、訪問介護や通所介護を推進しています。訪問介護は身体的な介護や、掃除など自分で身体を動かすことが出来ない高齢者に提供するサービスとなっています。通所介護は、自分で動くことが出来る高齢者のためのサービスで、一人暮らしの高齢者のためにコミュニティサロンや栄養管理の仕方などを、教えてくれます。これらの事業が別れることで、費用の効率化を図っているのです。そのため、フランチャイズで事業を始める方もとてもわかりやすくなっています。フランチャイズで始める方の多くが、介護事業に従事したことが無い方ばかりです。なので、わかりやすく分ければ、自分がどの事業を行いたいか考えることが出来るのです。デイサービスや訪問介護、介護施設など色々とありますが、安心です。このように、介護予防日常生活支援総合事業はフランチャイズで始める方のために、サービスを明確にしています。しかし、フランチャイズに加盟するときにはある程度の資金が必要となるので、その点には気をつける必要があります。